仕事と育児の両立ってそんなに大変なの?復職についての先入観と現実

妊娠中に必ず悩むこと、それは果たして自分は仕事と育児が両立できるのかということではないでしょうか。
もちろん世間には両立している人が沢山居ますし、実際身近な人でお手本になる人もいるはずです。
でも残念なことに、「仕事と育児の両立=大変な苦労」という風潮が世に蔓延しているのが事実なのです。
では、育児と仕事の両立の際に抱きがちな先入観と現実のギャップとはどのようなものがあるのでしょうか。

赤ちゃんに寂しい思いをさせてしまう、母親も寂しい。

これは赤ちゃんを保育園に預けて働くなら必ず思うことですが、赤ちゃんは環境適応力が大きいので、あっという間に保育園で楽しく過ごすようになります。
そして実は赤ちゃんと二人きりの暮らしは幸せではあったけどちょっと大変だったため、多くのお母さんは保育園に見てもらって働いている方が精神的には楽であることを認めています。
なので、あまり寂しいと言うことを気にしすぎる必要はありません。

復職すると以前と同じ仕事ができないのか

これはケースバイケースとしか言えませんが、実はニュースになるようなあからさまな「産後左遷」は案外少ないものなのです。
今ではむしろ産前産後の女性への配慮を欠くと企業にとってマイナスイメージになるということで、相応の配慮がされることが一般的です。
また、産休育休中にも同僚とのコミュニケーションを継続し、職場事情に疎くならないこともスムーズに前職に戻るコツです。

乳幼児はしょっちゅう具合が悪くなるのか

残念ながらこれはほぼ事実です。
そしてこれが先に挙げた「復職前と同じ仕事ができない」と出産後の母親が感じる大きな原因です。
乳幼児はしょっちゅう具合が悪くなるもの、というリスクを含んでも支障が出ない業務への配置転換=降格若しくは左遷のニュアンスを持ってしまうのは大変残念な風潮ではあります。
これを乳幼児期だけの我慢と考えるか重大なキャリアロスと考えるかは悩ましいところです。

 

これらの復職に関してのネガティブな情報が、妊娠中から大きなストレスとなっていたと多くの人が語っています。
そのストレスを軽減させるためにも、妊娠中から保育事情や復職後の待遇について正確な情報収集を行っておくことが大切です。