試験について

日程

JNECネイリスト技能検定は1、4、7、10月の年4回。
JNAジェルネイル技能検定は6、12月の年2回。

 

内容

事前審査、実技試験、筆記試験の3つに分かれる。
詳細な内容は各級で異なり、試験時間も変わります。

 

受験資格

JNEC3級、JNA初級ともに義務教育を修了していること。
※飛び級は不可。

 

難易度

JNEC3級、JNA初級ともに全国平均70%ほど。

主な就職先や働き方

ネイルサロン

最も多くのネイリストの就職先となっているのがネイルサロン。
その数も全国で2〜3万店舗あるとされており、競争の激しい業界のため日々多くのネイルサロンが開業、廃業している。
中でも、カリスマネイリストとして知名度のあるネイリストが経営しているサロンはとても人気。
多店舗展開されていることもある。
もちろん、個人経営の小さなネイルサロンも就職先の一つ。

 

ホームネイリスト

最近認知度が高まり、目指す人が増えているのがホームネイリスト。
自宅にサロンスペースを作り、お客さんを招き施術する。
低予算で開業できることから、産後の女性が働き方としても注目されている。

 

出張ネイリスト

決まった店舗を持たず、お客さんの自宅や宿泊先などに出向き施術する。
いわゆるフリーネイリストとも言われており、どちらかと言えば初めから出張ネイリストになるのではなくサロンなどで顧客を抱えた上で独立し、出張ネイリストになるパターンが王道。

収入

正社員やアルバイトなど、身分によっても変わりますが、例えばネイルサロンへ就職した場合、月給10〜15万円ほどが多い。
決して高給とは言えない金額であるものの、産後に社会復帰する立場としては十分とも言えるでしょう。
ネイルサロンの多くは基本給+歩合の制度となっていて、指名が増えれば増えるだけ、収入も増えます。
薄給に悩むネイリストがいる一方、30万円、50万円と言った月給を手にしているネイリストがいるのも事実。
人気ネイリストになることで一気に収入は増加するので、頑張りがいのある仕事です。