妊娠してから離職するベストなタイミングは?

安定期に入るまでにと言われる意見もあれば、妊娠が発覚したらすぐに!という意見もあります。
絶対にこのタイミングという時期はありませんが、考慮したいポイントは、職場の仕事の引き継ぎや家庭環境を整える準備期間など。
逆に離職せず産休という選択肢もありますし、柔軟に考えてみるといいでしょう。

 

再就職や以前の職場に復職することを見据えるなら、出産前にやっておきたいことがあります。
復職を希望する場合は会社とコンタクトを取り、近況報告や復職のタイミングについて話し合う必要があります。
計画立った行動が、スムーズな復職を成功させます。
離職する場合は、産後どういった仕事をするのか?子育てはどうするのか?資格取得は必要なのか?
考えるポイントはいくつもありますが、どういう生活を送りたいかという部分だけは早期の段階で決めておくと、資格取得に必要な時間も作れたり、有意義な妊娠ライフを過ごせるのではないかと思います。

 

産休を取ってる間にすべきことは?と考えて、スキルアップを目指す方も多いようです。

 

選択肢の一つとして、産休明けに仕事を辞めるという方法もあります。
それは、出産育児一時金の独自給付がある会社もありますし、出産手当金の給付や育児休業給付金の給付健康保険料(介護保険料含む)、厚生年金保険料の免除など優遇メリットを考えての選択。
福利厚生が充実している会社に限定されるかもしれませんが、産休制度がある会社だと、出産に対するサポートがしっかりされているケースが多いようです。
福利厚生支援をしっかり受給してから離職するというのも良いですね。

 

自分の環境に適した離職のタイミングを図ることが重要ですが、産休後に離職することも、十分なメリットがある場合があります。
家庭環境、会社での引き継ぎ、出産のタイミング、支給金など考えることが多くて大変ですが、しっかりと考えてから離職するタイミングを決めましょう。

母親ならではの理想とジレンマ

働く必要があるのは分かっていても子供が小さいうちはなるべく自分が面倒を見てあげたい、というのが多くの母親の思いです。
そしてそういう母親の理想は、子供がある程度大きくなって教育費が本格的に必要になってから社会復帰することです。
しかし子育てを経ての社会復帰の最大のネックは職歴の空白期間であり、多くの人はこれ故に仕事探しに難航することとなっています。

子育て前からの周到な準備

子育て後の社会復帰の決め手は子育て以前の、妊娠中からの周到な準備にあります。
できたら妊娠中から将来の社会復帰を見据えて資格取得などのスキルアップの方法に目処を付けておきます。
乳幼児期はとかく手がかかるため、そのような調べ物はなかなか難しいものなのです。
そして子供の手がある程度離れたら、そのスキルアップ方法を実践しましょう。

 

子育ては楽しいけど先々のお金を考えると頭が痛い、という方は、子育て期間=スキルアップ期間ととらえていれば気持ちにも余裕が生まれてくるはずです。
何よりも子育て中に培った人間性とスキルは社会復帰の大きな味方となるものなのです。